読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫はともだち

虫の絵本や図鑑の紹介、写真撮影など、いろいろ…

大きいサイズの靴の探し方 幅広と偏平足

いろんなこと

わが家の子たちは、ただ今現在二人とも靴のサイズは28cm以上。一人は幅広で、一人は偏平足。合うものを探すのが大変です。

でか足の子をお持ちのお母さん、靴の調達はどうしてますか?  

f:id:mushitomo:20160911175959p:plain

上履き 

指定店が安い

学校指定メーカーの上履きでなくてもよさそうなものですが、子どもとしてはみんなと一緒がいいそうで…。

 近所のスーパーや学校指定店にも指定の上履きは売っていますが、28cm以上は品切れなことも多く、いつも、ちょっと遠い学校指定店に買いに行っています。

メーカーの名前を調べてネットで探せば、大きなサイズも購入はできます。ただ、私の周辺では、上履きはネットよりも学校指定店の方が安いです。

メーカーで靴型が違う 

上履きは、メーカーによって横幅がだいぶ違うようです。

指定店の取り扱いメーカーが、今年から、「教育シューズ」から「ラッキーベル」に変わりました。

「教育シューズ」の三角ゴムの上履きは、大きいサイズのものは長さを大きくしただけで、横幅は広くありませんでした。幅広の子が履くとすぐに靴の上の部分がガバッと外れてしまって、数か月ごとに買い替えしていました。

今回買ってきた「ラッキーベル」は、横幅もしっかり広めに作ってあって、日本人にあった形です。 小さいサイズはどうなのかわかりませんが、大きいサイズは「ラッキーベル」の方が幅広で履きやすいようです。 

  

 

幅広の通学シューズ 

お店で 

子どもの希望を聞いていると、28cm以上の靴は見つからないことも多いです。

大型スポーツ用品店に行っても、28cm以上の靴探しは大変。

店頭を自分で探すよりも、店員さんに聞いた方が早い場合が多いです。28cmの4Eなんて、大型店でもほとんど置いていないので。

特に、若者向けのデザインで幅広の28cmは、需要の割に生産が少ないようで、「見つけたら即買い」しています。

わが家の幅広くんに一番好評なのは、ナイキの4Eです。種類も販売数も少ないですが、がんばって探しています。 ほかのメーカーにも4Eや3Eはありますが、ナイキの4Eが一番足に合うようです。

 

アディダスの4Eは少し細めのようですが、これは通気性がよくて布が柔らかいので、夏には履きやすかったそうです。

 

ネットで 

検索で「スニーカー メンズ 4E」とか「革靴 メンズ 4E」などと検索。

「この靴がいい」というものが見つかったら、次回はネットで同じものを探すのが一番の近道です。でも、モデルチェンジが頻繁にあるようで、次にはもう扱っていないことも多いです。

ネットでも、送料無料とかセール品は28㎝以上は品切れのところが多いです。

 

幅広の野球の靴 

 

野球のスパイクやトレシューは、幅広の人には厳しいものが多く、28㎝で幅広となると、本当に狭き門です。

わが家の幅広くんのお気に入りは「ZETTのワイド」。

靴屋さんに聞いてみると、どの人も「幅広甲高にはアシックスがいいですよ」「日本人の足に合わせているし」と言いますが、「ZETTのワイド」の方がより幅広で快適らしいです。

ただ、ZETTのワイドサイズは、特定の店にしか置いていないのか、ネットでは見当たりません。うちの近所だと、スポーツオーソリティと地元のこだわりの野球用品店に行かないと買えません。

 

 ↓ このシリーズにワイドサイズがあるはず。 

 

偏平足のランニングシューズ 

偏平足にはクッションのある靴 

長距離が趣味の子には、毎年秋になると、練習兼試合用のランニングシューズを新調しています。(陸上部でなく野球部)

極度の偏平足なので、クッションのあるランニングシューズでないと、あちこち痛くなって長引きます。

これも、本人の感想ですが、アシックスのランニングシューズが一番クッションが長持ちしていいそうです。アシックスにもたくさん種類がありますが…。

クッションが効いている靴はほかのメーカーにもありますが、何度か履いているとへたってくるそうで…。

長距離用の靴の場合、試合専用に、ものすごく軽くてクッションを省略した靴も出ています。扁平足は衝撃に弱いので、いくら勝負がかかっていても、そういう靴は履けないと思います。

今はどうか知りませんが、以前は小学生には「瞬足」が大人気でした。

クッションがほとんど入っていない「瞬足」で、アスファルトをランニングするのは、偏平足の子には負担がかかりすぎます。

接骨院や整形外科に通うよりも、高めのいい靴を買った方が、上達への近道になります。彼は小学校のころは、子ども用ではしっかりしたランニングシューズが見つからないので、大人の女性用のアシックスを履いていました。

インソール

ショックを和らげるためにインソールもいろいろ試してみました。

お店でちょっと試しても、実際に走ってみないと効果はわからないようで、あれこれ買ってみました。

ジェルのようなハニカム構造のものがお気に入りですが、今は取り扱いがないようです。

五本指ソックス

偏平足で長距離走をするとあちこち疲れやすいので、五本指ソックスも履かせています。かなり疲労が減るみたいです。

私も野外に遠出をするときに五本指を履きますが、全部の足指を使って歩くので、安定感があるし、確かに疲れにくいと思います。

 

クロックス

幅広でも、多少サイズが合わなくなっても楽々履けるクロックスは、親としては大助かり。

高校は上履き自由なので、クロックスを履いていますし、普段のお出かけもクロックス。ヘビーローテーションですぐに底がすり減ります。

でも、クロックスも28cmになると、品切れもよくあります。ネットで安い時に買い置きしてあります。

 

おしまいに

幅広なのに狭い靴を履くと巻き爪になることが多いですし、偏平足がいい加減な靴でランニングを続けると、踵や膝を傷めます。

靴さえ合っていれば、無用のトラブルも防げることが、何度も失敗してわかりました(^^;)

 

サイズが大きくなっても、汚れる頻度は小さいころと変わりません。

大きくなると、洗って干すのも一仕事。一足干すのにも、かなり場所が必要です。

小さい靴を並べて干していたころが懐かしいです。 

 

 以上、わが家の独断と偏見に満ちた靴選びのお話でした。

 

 

mushitomo.hatenablog.com