読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫はともだち

虫の絵本や図鑑の紹介、写真撮影など、いろいろ…

ペット霊園をのぞいてきました

親戚のお墓参りの帰りに立ち寄ったところが、ペット霊園でした。

あんまり暑いので飲み物を買いに立ち寄っただけでしたが、なかなか来る機会もない場所なので、ちょっとのぞいてきました。 

 

はじめは、水子供養か何かの場所だと思ったのですが…。

f:id:mushitomo:20160812123048j:plain

書いてある名前が、「安倍ジョン」みたいに漢字とカタカナ。亡くなった年齢と命日も書かれていました。この写真はぼかしが入っています。

見たところ10代がほとんどでしたが、21才とか20才もあります。犬か猫かうさぎかわかりませんが、大変な長寿です。気の毒ですが1才や2才もありました。

f:id:mushitomo:20160812123558j:plain

合同葬で、ほかのペットと合同火葬した場合は、家族はお骨が拾えません。動物供養塔に一緒に眠るようです。

f:id:mushitomo:20160812123112j:plain

お墓の形も、マンション形式から人間のお墓のような形までいろいろ。館内でお骨を預かってもらうこともできるようでした。

マンション形式のお墓。これもぼかし入り。

f:id:mushitomo:20160812124925j:plain

人間のお墓より立派なものもあります。

f:id:mushitomo:20160812124938j:plain

首輪を供養してありました。

これ、遠目に見ると涙を誘いますが、至近距離によると、かなり動物臭くてまいりました(^^;)

f:id:mushitomo:20160812123136j:plain

 

ちなみに、わが家のトイプーは小型犬ですが…。

小型犬の合同葬は9,720円、個別葬は20,520円。

納骨とかお墓の金は、5千円から数万円まで飼い主の選択次第のようです。

 

火葬料金表を見ると、「胎児」というのもありました。お産で亡くなったペットの赤ちゃんも葬ってもらえるようです。ペットは、自治体によっては家庭ごみと同じ扱いで焼却処分されます。それには、ちょっと抵抗を感じてしまいます。

 

館内には、人間用にも負けないセレモニーホールのようなお葬式ができるスペースもありました。

 

一頃、山の中にペットの死骸が大量に放置されているというニュースをやっていました。火葬のために家までお迎えに来てくれる業者もあるようですが、丸投げにしてしまうとそういうことにもなるのかも。

 

最近、身近なお友だちワンコが3匹もなくなりました。どの子も大往生でした。トイプーとダックスとラブラドール。トイプーの子はたぶん20歳を超えていたはずです。

 

わが家の愛犬はまだ5歳ですし、今のところ大きな病気は見つかっていません。

お墓なんてまだまだピンときませんが、いつかは考えなければいけない日も来るのかもしれません…。 

 

mushitomo.hatenablog.com 

mushitomo.hatenablog.com