読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫はともだち

虫の絵本や図鑑の紹介、写真撮影など、いろいろ…

『虫のくる宿』 夜の窓に集まる虫たちのお話

虫の本 虫の本-いろんな虫が出てくる本

 森の中の一軒家の宿に、夜の間に集まってきた虫たちのお話。すべて写真です。

虫のくる宿 (アリス館写真絵本シリーズ)

虫のくる宿 (アリス館写真絵本シリーズ)

 

あらすじは…。

森の中の宿の2階。明かりにいろんな虫たちが集まってきます。ウサギみたいな耳の蛾、宇宙人みたいな顔のセミ、ガラス窓にやってくる虫たちを室内から見る格好なので、お腹が正面。いつも見かける虫たちと角度が違います。

いつのまにか、かっこいいツノアオカメムシが部屋の中に入っていて…。

「窓ガラスは、着飾った虫たちの万華鏡だ」…というお話です。

 

ガラス越しの虫たちは、たしかにドレスで着飾ったように見えます。

それにしても、すごい発想です。虫が好きな人たちは、好んで灯火採集に出かけますが(私も行きます)、嫌いな人から見ると、一歩間違ったら、ポルタガイストとか妖怪館のようなお宿です。

   ◇ ◇ ◇

ちなみに、作者の森上信夫さん、去年もっと衝撃的な本を出されています。 

虫とツーショット?自撮りにチャレンジ! 虫といっしょ

虫とツーショット?自撮りにチャレンジ! 虫といっしょ

 

  おじさんカメラマンと虫の自撮り写真集。この本を初めて手に取った時、素人のおじさんがブログを自費出版したのかと思いました。

森上さんは、れっきとした昆虫写真家です。確かに、それぞれの虫の性質とカメラの機能を理解していないと、こんな写真は撮れなさそうです。

 

表紙から、最後まで、森上さんの自撮り写真が続きます。森上さんの写真がないのは、最後の著者紹介のところだけ。恥ずかしがりやだから、著者紹介に写真は載せないのだそうです。アマゾンのレビューは辛口のようですが、こういう虫の本があっても楽しいと思います。

 

こういう本を見ると、いったいどういう方なのか気になります。

ご本人のブログ → 昆虫写真家・森上信夫の ときどきブログ

  ◇ ◇ ◇

 森上さんのちゃんとした(??)お仕事はこちら。↓

昆虫図鑑 (調べてみよう名前のひみつ)

昆虫図鑑 (調べてみよう名前のひみつ)

 

 

昆虫の食草・食樹ハンドブック

昆虫の食草・食樹ハンドブック

 

 

樹液に集まる昆虫ハンドブック

樹液に集まる昆虫ハンドブック

 

 

 

mushitomo.hatenablog.com