読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫はともだち

虫の絵本や図鑑の紹介、写真撮影など、いろいろ…

『ぼく、あぶらぜみ』 せみの暮らしをやさしくわかりやすく

虫の本 虫の本-セミの本 虫の本-シリーズ本 虫の本-ダンゴムシの本 虫の本-カブト・クワガタの本

 かがくのとも傑作集で、セミとダンゴムシとクワガタのお話があります。

ぼく、あぶらぜみ(かがくのとも傑作集)ぼく、だんごむし (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)わたし、くわがた (かがくのとも絵本)

 

素敵な貼り絵で、虫自身が「ぼくのこと」「わたしのこと」を語りかけるように説明していく絵本です。絵のかわいらしさとはうらはらに、大人も「へー」と感心してしまうところまで触れています。

 

「ぼく、あぶらぜみ」は…、

セミの交尾から始まり、木の幹に産みつけられた卵が翌年にかえり、生まれた幼虫は木から出て、ポトリと地面に落ちます。
地面で木の根っこから樹液を吸って育ち、5年目の夜に、やっと地上に出てきます。木に登って、羽化して…。
それから先は、子どもたちが見ているセミの姿です。鳴くのはオスだけ、命は二週間。
幼虫のページが長いので、セミの命の重さがわかるように描かれています。

子どもにも簡単にとれる虫ですが、こんな絵本を読んだ後は、セミに対する子どもの考えもちょっと変わるかもしれません。


-----------------------------------------

私は、小学校の読み聞かせで、夏休み前の時期によく使っています。

説明の本ですが、虫たちの一人称で話が進むので、友だちの身の上話を聞いているようで、退屈しない絵本だと思います。

セミの話では、木で孵った幼虫が地面に落ちるところで「へー」と驚きの声が上がります。

ダンゴムシの話では、コンクリートや石を食べるところで、ざわつきます。「ぼくは知ってるよ!」なんて、合いの手を入れる子もいたりして、盛り上がります。

ぼく、あぶらぜみ(かがくのとも傑作集)

ぼく、あぶらぜみ(かがくのとも傑作集)

 
ぼく、だんごむし (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)

ぼく、だんごむし (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)

 
わたし、くわがた (かがくのとも絵本)

わたし、くわがた (かがくのとも絵本)

 

 

 

mushitomo.hatenablog.com

mushitomo.hatenablog.com

mushitomo.hatenablog.com